EU 加盟国が使い捨てプラスチック指令を採用

今年のXNUMX月までに、EU加盟国は使い捨てプラスチック指令を採用する必要があります。その目的は、特定の使い捨てプラスチック製品が環境に及ぼす悪影響を減らすことです。 強化された拡大生産者責任をどのように実施するか、そして生産者はごみの片付けにいくら支払うのでしょうか? どのような対策が実行可能ですか? 消費者は…

続きを読む

資源循環へのインタビュー

3月に戻ると、 ReloopのCEOであるClarissaMorawskiは、ResourceRecyclingのJaredPabenと(事実上!)座り、北米の利害関係者がヨーロッパのプラスチック政策と戦略から何を学ぶことができるかについて彼女の考えを共有しました。 ここでウェビナーを見ることができます:

続きを読む

私たちが無駄にするもの:新しいグローバルレポートは、飲料容器の無駄の問題に焦点を当てています。

私たちのレポートは、93年間にわたる20か国のデータを利用して、飲料容器の販売、収集、および廃棄の傾向を調査します。廃棄は、最終的に埋め立て、焼却、または環境に置かれる容器として定義されます。 含まれている国は、81年の時点で世界の人口の2019%を占めています。特に、次のように考えています…

続きを読む

今後のウェビナー reuse

At Reloop、 私達はことを知っています reuse 世界のサーキュラーエコノミーが繁栄するための基本的な前提条件です。 どうすれば入手できるかをご覧ください reuse 13月2日午後00時CETに開催されるZeroWaste Europeのウェビナーで主流になり、独自のクラリッサモラウスキーが登場します。 ここで登録:https://bit.ly/3a0HHFUここでライブストリームの録画を見る:https://www.youtube.com/watch?v = Cy-iMNhd36k

続きを読む

はじめに Reloop 南北アメリカ

ヨーロッパでの成功を基に、私たちはさらにグローバルな拡大を始めました Reloop 2019年のヨーロッパ、 Reloop 太平洋、そして2020年XNUMX月に私たちは立ち上げました Reloop 南北アメリカ–当初はカナダと米国をカバーしていましたが、将来的にはラテンアメリカに拡大する可能性があります。 米国での変化を促進することは、より広い触媒作用をもたらすと信じています…

続きを読む

Reloopの2020年のレビュー

パンデミックにもかかわらず、2020年は非常に忙しい年でした Reloop、変革と成長を特徴とするもの。 今年行ったことと2021年に計画したことの簡単な要約については、以下のビデオをチェックしてください。自分のペースでコンテンツを探索するには、こちらのPREZIをご覧ください。      

続きを読む

Reloop 北米部門を立ち上げる

ヨーロッパと太平洋地域での成功に基づいて、 Reloop 北米に正式に進出したことをお知らせします。 Reloop 南北アメリカは当初、カナダと米国をカバーし、将来的にはラテンアメリカに拡大する可能性があります。 北米への参入により、非常に必要な経験と知識の声が提供されます…

続きを読む

ÖPG オンライン議会

ÖPG オンライン会議:23年2020月XNUMX日の現代の循環経済の成功要因としての預金返還システム ÖPGの1 Reloopのメンバーは、預金返還システムについて議論するためのオンライン会議を主催します(DRS)と現代の循環経済を達成する上での彼らの重要な役割。 ReloopのCEOであるClarissaMorawskiは…

続きを読む

Reloop 「使い捨てプラスチックの新しい戦い」に関するウェビナーに参加

30年2020月XNUMX日木曜日 Reloopの最高経営責任者(CEO)であるClarissa Morawskiは、Environmental Defense Canada(EDC)が主催および主催する「シングルユースプラスチックの新しい戦い」に関するウェビナーに参加しました。 EDCのリカバリシリーズウェビナーのこの第XNUMX話では、クラリッサにEDCのエグゼクティブディレクターであるティムグレイとプラスチックプログラムマネージャーのアシュリーが加わりました…

続きを読む