ホーム » フランスとフランコフォニー

フランスとフランコフォニー

フランス語圏諸国の循環包装経済の発展を支援する

アレクシス・アイゼンバーグ率いる、 Reloop France and Francophonie は、以下を通じて、フランス語圏の国における包装廃棄物管理の環境、経済、および運用上のパフォーマンスを促進します。

 

· 循環経済の原則。

· 拡張生産者責任 (EPR);

・デポジット reuse とリサイクル。

· 収集システムの補完性。

· 技術データと分析;

· 利害関係者との協議。

 

世界中で定期的に意見を求められている私たちの調査と分析は、包装の循環性、ゴミの削減、気候変動との戦いへの取り組みにおいて、公的、私的、市民社会の関係者の考察と決定に貢献しています。

サブリージョン

アレクシス・アイゼンバーグ - ディレクター、フランスおよびフランコフォニー

アレクシスは、循環型経済セクターとパッケージングの公共政策において XNUMX 年以上の専門的経験を持っています。 入会前 Reloop、アレクシスは、環境省に付属するケベック回収リサイクル協会(Recyc-Québec)の会長の顧問を務めました。 特に、彼は預金の近代化と選択的収集に関する法案を通じて、政府と労使関係に数年間関与しました。 アレクシスは、デロイトとグラントソントンの会社で戦略と持続可能な開発を専門とするコンサルタントとしても働いていました。

アレクシスニュー