私たちの意見:再利用可能なパッケージに向けてコースを続ける

保健当局は、再利用可能な包装は、使い捨て包装よりもコロナウイルスをまん延するリスクをもたらさないと述べていますが、プラスチック業界は、COVID-19を使用して、使い捨てプラスチックの削減の進展を妨げようとしています。 この記事で、サマンサミレットとクラリッサモロースキーは、コロナウイルスのパンデミックが再利用可能なパッケージングシステムに与えた影響を調べ、クリーンで安全な再利用可能なシステムの実装に向けて道を歩むべき理由を説明しています。